骨粗鬆症を治療して歩こう【スカスカボーンはカルシウムで埋めよう】

カウンセリング

バランス感覚

シニア

骨は常に新しい状態に作られていきます。しかし、年を取るごとに骨がスカスカになってしまいます。そうなると骨粗鬆症になる原因ともなるので、骨に必要な成分を摂取するようにしましょう。そうすれば、病院で治療する必要がありません。

詳しくはコチラ

骨粗鬆症の予防的治療

カウンセリング

骨粗鬆症の激的な治療法はまだないが、カルシウムのサプリメント、タブレット、ウエハースなど様々な予防できる対策がある。なので個人で払える金額に合わせた対策を若いうちからしていくことが骨粗鬆症の長い目でみた治療になる。

詳しくはコチラ

メガビタミン療法

病院

骨粗鬆症は骨が弱まる病気となっていて、高齢者の方に多く見られます。しかし、最近では若い方もかかる可能性があるので注意しましょう。また、最近では色々な治療法がある中、メガビタミン療法が注目を集めています。

詳しくはコチラ

活性型ビタミンD3

骨粗鬆症の治療についての情報はこちらのサイトを参考にしましょう。評判のよいクリニックも紹介しています。

脳神経外科医が脳動静脈奇形の手術をしてくれます。最先端医療で治してもらって下さいね。きっと良くなりますよ。

骨粗鬆症の治療

夫婦

現在のところ、骨粗鬆症の治療というのは薬による投薬が基本となります。加齢や閉経にともなって空洞化してしまった骨を強くするために、薬を服用して腸からカルシウムの吸収を改善するという方法が広く用いられています。 骨の形成を促進する薬には活性型ビタミンD3製剤という薬があり、その薬の効果によってカルシウムの吸収を促進して骨粗鬆症の治療に役立てます。 その他に、ビタミンK2製剤という薬は骨の形成を促進させるとともに、骨折を増え具効果をもたらす薬です。このように、骨粗鬆症の治療にあたっては複数の薬を組み合わせます。骨粗鬆症の治療については女性ホルモンの働きが阻害要因となってしまうことがあるのでそれに関する薬も処方します。

骨粗鬆症の治療は二種のビタミンを含んだ医薬品が有効

少し身体をぶつけただけでも骨折をしてしまう可能性がある骨粗鬆症という病気は、その弱った骨を治療する為に様々な栄養素を身体に取り込む必要があります。 腸からのカルシウムの吸収を促す様な、活性型ビタミンD3を含んだ医薬品などを服用していかなければいけません。 自力でカルシウムのサプリメントを補充しているだけでも、ある程度は骨粗鬆症の治療に良い影響を与える事は期待が出来ますが、既に弱った腸では上手くカルシウムが吸収されない可能性があるので注意が必要です。 骨粗鬆症の治療において次に重要になってくるのが、骨の形成を促すビタミンK2も摂取しておくという点で、骨がいつまで経っても出来ないという状態に陥るのを防げます。 もしカルシウムなどを十分に摂取していても、骨粗鬆症の治療が思った様に進まないという時にはビタミンK2が不足している可能性を考えるべきです。